2010年07月21日

あぁこれも青春

高校野球・長崎県大会
吉田拓郎投手のいる佐世保工はベスト8に及ばず敗れました

甲子園で勇姿を見たかったのですが・・残念!

毎日新聞では【青春譜】と題して吉田拓郎投手のことを取り上げています

■青春譜

 ◇託された夏、悔いなし−−吉田拓郎投手=佐世保工3年
 これまで五、六回で継投へつなぐ戦い方だった。だが五回、馬場悟監督が確認した。「まだいけるか」「大丈夫です」「お前と心中するぞ」

 野手の守りやすいリズムを、テンポあるピッチングでつくりたかった。長崎日大の中村惣平投手(2年)も踏ん張り、両チームあと1本が出ない。どちらに転んでもおかしくない試合だった。「バットをへし折るつもりで投げた。気持ちも乗っていた」。しかし、1対1の同点のまま迎えた八回、先頭打者を安打で出したあと、右中間適時打を許して追加点を与えた。

 九回の反撃は好守にもはばまれ三者凡退。監督に託された夏は終わったが「全力で投げられたので悔いはない。負けた気がしない」。しっかりとした口調だった。【野呂賢治】


毎日JP
夏の高校野球:長崎大会 長崎商、海星、長崎日大、大村工がベスト8に名乗り /長崎
タグ:吉田拓郎
posted by yumi at 04:29| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


吉田拓郎2009


gnj0904210506016-p1_convert_20090611183058.jpg


☆10/20オールナイトニッポンで元気に復活\(^_^)/☆


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。